山中伸弥京都大教授がノーベル賞を受賞したiPS細胞は、薄毛の改善にも応用できるのでしょうか? 結論からいうと、可能性はあります。 ただ、絶対に改善できるという訳ではありません。 まだまだ研究段階なので、あくまでも薄毛を改善できる可能性がゼロではないと思っていた方が良いです。 上手くいけば研究が進み、iPS細胞を使用して薄毛を改善できる時代がやってくるかもしれません。 今のところ、若いマウスを用いた実験では、毛包組織と毛髪はできるみたいです。 人に応用するとどういった結果になるかは分かりませんが、希望は持てます。 とはいっても、iPS細胞を使用した薄毛の改善が実用化するには、まだまだ時間がかかります。 何十年先になるのか分からないので、今薄毛の人はそれまでに髪が無くなってしまう可能性の方が高いです。 そのため、iPS細胞に頼りたい気持ちは分かりますが、今の現状をどう打開するのかというのが重要になってきます。 これ以上、薄毛の進行を進めないためにも、早めに薄毛対策を行うようにしてください。