ヘアスタイルが青汁
ヘアスタイルが青汁
ホーム > 健康 > 神経伝達物質やホルモン生成に使われるマグネシウムの大切さ

神経伝達物質やホルモン生成に使われるマグネシウムの大切さ

マグネシウムは骨を作る原料となったり、エネルギーを産出したり、筋肉を使用したり、神経伝達物質やホルモン生成に使われています。欠如すると、筋肉や心臓の病気、疲労感や集中力の低下などにつながります。

 

過度なストレスや飲酒はマグネシウム不足を招きやすくなります。カリウムには体内の余剰な水分を排出させることができます。

 

 

ナトリウムは水分を増やすのに反して、排出する働きをするのがカリウムです。

 

 

 

塩分や水分を必要以上に摂ったためむくみが発症している時は、カリウムが改善してくれます。

 

 

 

昨今の食事では、塩分の摂取過多になる傾向がありますが、気を付けてカリウムを摂る必要があります。

リンは骨や歯の原料となり、体内にエネルギーを蓄えたり、細胞膜のリン脂質となったり、脳や神経の活動を助ける効果があります。

 

リンが減少すると筋肉や神経の病気になる可能性があります。そしてまたインスタント食品などによく使用されるため、過剰に摂取しやすく、取り過ぎによって骨粗鬆症や腎臓病の要因となります。

 

 

 

特定の成分を多く摂りたいときに、食料品の場合は他の成分もいろいろと含有されているので特定の成分だけが過剰に多くなるということは普通ありません。

 

反対にサプリメントなどはある種の成分や栄養素がカプセルや錠剤の中に濃縮して含まれるため自然の食品と比べて過剰摂取になりがちです。とうがらしに含まれるカプサイシンは辛みの成分のことです。

 

全身への血流を促進して発汗を促し、肩こりや冷えなどを解消し、疲労回復やダイエットなどにも効果的です。

交感神経を刺激するカプサイシンはアドレナリンの分泌量を高めます。

結果的に、代謝があがって体に蓄積された脂肪を分解燃焼させる働きとなって、ダイエットにも効果が有ると言えます。

 

 

ビタミンAは皮膚の細胞の代謝を早めたり、目に光を感じるための物質ロドプシンの原料となり、皮膚や目の機能が良くなるために必要不可欠な栄養素です。

また鼻や喉の粘膜を強くしてウイルスの対策にもなります。

 

レバーなど動物性食品に多く含まれるレチノールとその時に応じて体内でビタミンAに変換するβ-カロテンと2種あります。ニンニクや玉ねぎなどの臭い成分や強力な抗酸化作用を持っているのが特徴です。

強力な殺菌効果も併せ持ち、ピロリ菌へも作用して胃の健康を保つために役立つと言えます。

 

 

口臭の予防にも効果があります赤や青、紫などの色素成分のアントシアニンはブドウやブルーベリーなどのフルーツに含まれていて、目に機能に良い効果が有るとされています。

 

 

 

大豆の胚芽に多く含まれるイソフラボンは、エストロゲンと似た構造で女性ホルモンの作用をするということです人気です。女性の更年期の症状を緩和したり骨粗鬆症の予防に効果があると言われていますので、女性には有りがたい成分となっています。便秘に青汁は効果あるの?