ヘアスタイルが青汁
ヘアスタイルが青汁
ホーム > 健康 > 妊娠するといつも以上に水分補給が必要

妊娠するといつも以上に水分補給が必要

妊娠するとよく便秘になります。

盛んに放出される黄体ホルモンによって腸の動きが緩慢になることや、増大する子宮の大きさに直腸もつぶされ、運動が制限されていくためにそうなってしまうのです。

親になることの心配をしてしまうなどストレスが原因となることもあります。

活動する時間が減少するのも排便リズムが乱れていく原因かもしれません。妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで気分の悪化を経験する場合が少なくありません。ベッドの横にチョコレートなど軽く食べられるものを準備して、立ち上がる以前に少量お腹に入れるならムカムカしなくなります。

 

日中も腹減りが続くのに注意していつも軽く食べておくといいみたいです。

また臭みのあるものや油の多いものは入らなくても冷んやりしたものや酸っぱい食物は意外に食欲が湧くようです。妊娠がわかったからといって高級なものを使った料理を摂取しなければならないということではありません。

 

 

インスタント食品や外で食事を済ませたりせずに食品添加物があまり使われていない体にいいもので作った手料理の食事を多めにしましょう。といっても時には息抜きしたい時もありますよね。その場合はスーパーなどの出来合いのものも利用し負担の少ない食生活にしましょう。

 

 

 

ただ、常日頃よりも一層ビタミン・ミネラルの多そうなものを十二分にしっかり補充するよう注意しましょう。貧血により母側の心臓は大変になり、心臓がドキドキしたり、呼吸がきつくなったりします。めまいと立ちくらみも症状の一つです。

 

少し動くと疲れ、体もしんどかったり、顔色がすぐれないのを指摘されたりするでしょう。

 

ママが貧血を起こしても、直ちに胎児の成長にダメージが及ぶことはありません。

 

ですが、貧血のまま長期間過ごしていくと、胎児の成長も影響を受けるようになります。

 

 

 

それに母体の体調も深刻になることがあります。

便秘するとお腹のハリを感じたり、ムカついたり、ガスがいつも出て恥ずかしかったりします。中でもつわりと便秘が重なると食欲も一層出ません。そして、便秘が繰り返すと痔の原因ともありますから、お通じを良くすることが重要です。

便秘を防ぐには、便意が起きたらトイレに行くことです。時間を決めておいてその時に必ず便所に行くような習慣づくりが役立ちます。

妊娠悪阻の症状がひどいなら、胎児の栄養を心配する段階ではないので、喉にスルスル入っていきそうなものを食欲があるときに食事しましょう。

 

同居者もつわりのひどいマタママの近くでは、かなり匂うメニューはやめておくといった意識をもちましょう。また永遠の謎なのですが、自炊したものより他人が調理したもののほうが食欲が刺激されてはいります。

 

 

 

女性は月のものがあるので、妊娠を別にしても、貧血の人が多い傾向があります。

妊娠中に限定すると、3,4割は貧血の正式な診断がされるようです。

 

 

 

妊娠期は胎児が自身のための血をつくろうとしてママの体内の鉄分を必要とします。

 

ですから、母親自身の鉄分は不足傾向になります。こうして起きる貧血が鉄欠乏性貧血と言われます。

 

 

妊娠して28~31週付近でよくみられます。

妊娠中には体の代謝が普段の時より増加するため、水分補給をよく行わなくてはなりません。適当な水分補給により脱水による危険を避けられますし、血液がドロドロになってしまうのも予防し、血液の循環がとても良くなります。

 

 

さらに細胞の生まれ変わりも活発化し、全身の老廃物が体外に出ていく作用も促進されることなど妊娠中に健康を保つにもふさわしい水分の摂取がなくてはならないものです。妊婦 青汁 大丈夫